小式部内侍

小倉百人一首 060

大江山 いく野の道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立

おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて

小式部内侍

解説
 小式部内侍 (こしきぶのないし・生年不明~万寿2年 / ?~1025年) は橘道貞と和泉式部の娘で、 母とともに一条天皇の中宮 上東門院彰子さまに仕え、小式部と呼ばれました。
 関白 教通(のりみち)や頭中将 公成(きみなり)らに愛され、その人たちの子どもを産みましたが、母に先立ち、二十五歳の若さで亡くなっています。

 この和歌は、母の和泉式部が丹後の国にいた時のものです。
 小式部内侍も、母である和泉式部に劣らないほどの優れた歌人であったのですが、小式部内侍が歌合せに選ばれたとき、「母に手伝ってもらって和歌をつくればいかがですか」という権中納言 定頼に対して、この和歌を詠んだと伝えられています。


 「いく野」と「行く」、「踏み」と「文」をかけているなど、歌のつくりも巧みで、歌人としての力量が伺えます。


読み
 
おほえやま いくののみちの とほければ まだふみもみず あまのはしだて

季節
 -

現代意訳

 (母のいる丹後の国へは) 大江山を越え、生野を通って行かなければならない遠い道なので、まだ天橋立へは行ったことがありません。 (ですから、そこに住む母からの手紙など、まだ見ようはずもありません)

 ※大江山 / 丹波国にある山(現・京都府右京区)
 ※いく野 / 丹波国の生野(現・京都府福知山市)
 ※ふみもみず / 「踏んだことがない」の意だが、「橋」の縁語になっているほか、「文を見ていない」の意味も含まれている
 ※天の橋立 / 京都府宮津市にある景勝地

出典
 
「金葉集」