和泉式部

小倉百人一首 056

あらざらむ この世のほかの 思ひ出に いまひとたびの 逢ふこともがな

あらざらむ このよのほかの おもひでに いまひとたびの あふこともがな

和泉式部

解説
 和泉式部 (いずみしきぶ・生没年不明) は越前守 大江雅致(おおえのまさむね)の娘で、母は昌子内親王に仕えた介内侍です。
 和泉守 橘道貞と結婚した後、和泉式部と呼ばれるようになり、当時の女流歌人である、紫式部赤染衛門伊勢大輔、馬内侍らと共に、和歌に優れた五歌仙の一人にあげられています。

 和泉式部は敦道親王との恋をつづった「和泉式部日記」で有名ですが、この和歌もせつない恋心を見事に詠っています。
 病床で詠んだ歌と言われていて、緊張感がありますが、歌の響きはなだらかで、美しく詠み上げられています。



読み
 
あらざらむ このよのほかの おもひでに いまひとたびの あふこともがな

季節
 -

現代意訳

 私はもうすぐ死んでしまうことでしょうが、私のあの世への思い出になるように、せめてもう一度なりともあなたにお会いしたいのです。

 ※あらざらむ / 「ある」に打消しの「ざる」がついていて、「生きていない」の意味。(「ある」は「生きている」、「いる」などの意)
 ※逢ふこともがな / 「もがな」は願望を表す言葉

出典
 
「後拾遺集」