伊勢大輔

小倉百人一首 061

いにしへの 奈良の都の 八重桜 けふ九重に にほひぬるかな

いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな

伊勢大輔

解説
 伊勢大輔 (いせのだいふ・生没年不明) は伊勢神宮の祭主、大中臣輔親の娘で、代々伊勢神宮の神官をつとめる家がらに生まれました。
 一条天皇の后 上東門院彰子さまに仕えた後、筑前守 高階成順(たかしなのなりのぶ)と結婚しました。

 伊勢大輔は和泉式部紫式部、馬内侍、赤染衛門とともに、利壺の五歌仙と呼ばれている優れた歌人でした。
 この和歌は、当時の京都ではまだ珍しかった、奈良の八重桜が宮中に送られたとき詠まれたものだといわれていますが、まさにその場に相応しい見事な和歌になっています。

 歌全体の意味は、「昔よりも、今日はさらにすばらしく輝いてる」というような意味になりますが、「いにしえ」と「けふ(今日)」、「八重」と「九重(宮中のこと)」など、巧みな対比で詠みあげています。



読み
 
いにしへの ならのみやこの やへざくら けふここのへに にほひぬるかな

季節
 春

現代意訳

 昔、奈良の都で咲き誇っていた八重桜が、今日はこの宮中で、いっそう美しく咲き誇っているではありませんか。

出典
 
「詞花集」