赤染衛門

小倉百人一首 059

やすらはで 寝なましものを 小夜更けて かたぶくまでの 月を見しかな

やすらはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな

赤染衛門

解説
 赤染衛門 (あかぞめえもん・生没年不明) は右衛門尉 赤染時用(あかぞめときもち)の娘で、その呼名は父の官名、右衛門尉からつけられています。
 また、母親の前の夫であった、平兼盛の子どもであったとも言われていますが、藤原道長の妻・鷹司殿倫子に仕えた後、その娘である上東門院彰子にも使えました。
 平安中期の人で、紫式部清少納言和泉式部とも親しく、共に優れた女流歌人でした。

 この和歌は、藤原道隆を思う妹のかわりに、赤染衛門が詠んだ和歌だと言われています。
 道隆は、後に儀同三司母の夫になりますが、月が西へ傾くまでの時間の長さが、寝ずに待っていた姿を感じさせる歌になっています。


読み
 
やすらはで ねなましものを さよふけて かたぶくまでの つきをみしかな

季節
 -

現代意訳

 (あなたが来ないと知っていたら) さっさと寝てしまえばよかったものを、(あなたの約束を信じて待っていたら) とうとう明け方の月が西に傾くまで眺めてしまいました。

 ※やすらはで / 「やすらふ」は「ためらう」こと
 ※寝なまし / 「まし」は事実に反する仮定

出典
 
「後拾遺集」