能因法師

小倉百人一首 069

嵐吹く 三室の山の もみぢ葉は 龍田の川の 錦なりけり

あらしふく みむろのやまの もみぢばは たつたのかはの にしきなりけり

能因法師

解説
 能因法師 (のういんほうし・永延2年~永承6年? / 988~1051年?) は遠江守忠望の子どもで、藤原長能について歌を学んでいます。
 良暹法師とは同時代の人で、三十の歳の頃に出家し、摂津国古曽部に住んだので古曽部入道と呼ばれました。

 能因法師のこの和歌は、宮中での歌合せのときにつくられたと言われていますが、秋の風情がよく伝わってくる和歌です。
 技法などは用いず、一気に秋の情景を詠み上げていますが、山の紅葉が錦となって川を彩る鮮やかさが目に映るようです。


読み
 
あらしふく みむろのやまの もみぢばは たつたのかはの にしきなりけり

季節
 秋

現代意訳

 嵐が吹き散らした三室の山の紅葉の葉が、龍田川に一面に散っているが、まるで錦の織物のように美しいではないか。

 ※三室山 / 奈良県にある紅葉の名所
 ※錦 / 金糸、銀糸などで(模様を)織り上げた布

出典
 
「後拾遺集」