良暹法師

小倉百人一首 070

さびしさに 宿をたち出でて ながむれば いづくも同じ 秋の夕暮

さびしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆふぐれ

良暹法師

解説
 良暹法師(りょうぜんほうし・生没年不明)は能因法師と同時代の歌僧ですが、詳しいことは伝わっていません。
 各地を旅していたようですが、比叡山の僧侶で、祇園の別当を務めた後、晩年は大原・雲林院に住んだと言われています。

 この和歌は、良暹法師が比叡山延暦寺から、大原の里に移り変わった頃に詠まれたものだと言われています。
 秋の夕暮れ時の寂しさが、とてもよく伝わってくる和歌のひとつです。
 技巧なども凝らさず、見たままの感想を素直に表現していますが、「それならば、いっそうのこと、この秋の寂寥を楽しもうではないか」という、余情のある歌だと思います。

 また、これまでの和歌は、相手に呼びかけるものや、自分の気持ちなどを詠んだものが主になっていましたが、この和歌は、それらとは違った世界が描かれています。


読み
 
さびしさに やどをたちいでて ながむれば いづこもおなじ あきのゆふぐれ

季節
 秋

現代意訳

 寂しくて、家を出てあたりを眺めてはみたが、この秋の夕暮れの寂しさはどこも同じであるものだ。

 ※宿 / 旅館などではなく、自分の住まいである庵

出典
 
「後拾遺集」