左京大夫道雅

小倉百人一首 063

今はただ 思ひ絶えなむ とばかりを 人づてならで いふよしもがな

いまはただ おもひたえなむ とばかりを ひとづてならで いふよしもがな

左京大夫道雅

解説
 左京大夫道雅 (さきょうのだいぶみちまさ・正暦3年~天喜2年 / 992~1054年) は、藤原伊周(ふじわらのこれちか・一条天皇の皇后 定子の兄)の子どもで、母は大納言 源重光の娘です。
 従三位左京大夫まで任ぜられています。

 この和歌も恋の和歌のひとつですが、左京大夫道雅の思い切れない恋する心が見事に詠まれています。

 道雅は皇女・当子内親王の元へ通っていましたが、公の知るところとなり、逢うことが出来なくなってしまいましたが、この歌はそのときの気持ちを詠んだもので、「栄華物語」などに、その一件が記されています。


読み
 
いまはただ おもひたえなむ とばかりを ひとづてならで いふよしもがな

季節
 -

現代意訳

 今はもう、あなたのことはきっぱりと思い切ってしまおうと決めましたが、そのことだけを人づてでなく、直接あなたに伝える方法があればいいのですが。

 ※思ひ絶えなむ / 思い切る。
 ※いふよしもがな / 「よし」は「方法」、「もがな」は願望を表す語

出典
 
「後拾遺集」