清少納言

小倉百人一首 062

夜をこめて 鳥の空音は はかるとも よに逢阪の 関はゆるさじ

よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさじ

清少納言

解説
 清少納言 (せいしょうなごん / 生没年不明) は清原元輔(きよはらのもとすけ)の娘で、深養父の孫にあたります。
 「清」は清原の姓を表わし、「少納言」は宮中での呼び名を表わしていますが、清少納言は小さい頃から父について和歌や漢文を学び、一条天皇の皇后 定子さまに仕えながら「枕草子」を著したことで知られています。
 また、「後撰集」の撰者にもなっています。

 清少納言が詠んだこの歌は、親しい間柄であった藤原行成との間でやり取りされたものだと伝えられています。
 中国の故事にある 函谷関(かんこくかん)の話を引用した和歌ですが、国境の関所 函谷関では、一番鶏の鳴き声を合図に門を開けていたので、敵方はこの声を真似て門を開かせたと伝えられています。

 この逸話を用いながら、「逢坂」には「互いに行き交うこと」がかけられていて、「ゆるさじ」によって、「逢いに来ることは許されない」という意味が込められています。


読み
 
よをこめて とりのそらねは はかるとも よにあふさかの せきはゆるさじ

季節
 -

現代意訳

 夜の明けないうちに、鶏の鳴き声を真似て夜明けたとだまそうとしても、(あの中国の函谷関ならいざ知らず、あなたとわたしの間にある) この逢坂(おおさか)の関は、決して開くことはありません。

 ※夜をこめて / 夜の深いうち
 ※はかるとも / あざむくこと
 ※逢坂の関 / 近江国と山城国の間にある関

出典
 
「後拾遺集」