恵慶法師

小倉百人一首 047

八重むぐら しげれる宿の さびしきに 人こそ見えね 秋は来にけり

やへむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり

恵慶法師

解説
 恵慶法師(えぎょうほうし・生没年不明)は平安中期の人で、優れた歌人として知られていました。
 花山天皇の寛和年間(985~989年の頃、播磨国(兵庫県)の国分寺の住職だったと伝えられていて、平兼盛源重之、安法法師らの歌人と親しく交遊していたようです。

 この和歌は、あるとき恵慶法師が河原左大臣 源融の別荘を訪れたとき、その屋敷の寂れた様子を見て詠んだ和歌だと言われています。
 その別荘は「河原院」と呼ばれていましたが、恵慶法師の時代では、すでに100年近く経っていて、源融の曾孫・安法法師が住んでいたと言われています。

 和歌自体は、打ち寂れた屋敷の情景を詠んでいますが、やって来ない「人」と、「やって来る「秋」とを対比させていて、暗い陰鬱な感じなどを感じさせません。


読み
 やへむぐら しげれるやどの さびしきに ひとこそみえね あきはきにけり

季節
 秋

現代意訳

 このような、幾重にも雑草の生い茂った宿は荒れて寂しく、人は誰も訪ねてはこないが、ここにも秋だけは訪れるようだ。

 ※むぐら「葎」 / ツルになっている雑草のこと
 ※見えね / 「ね」は打ち消しの「ず」が活用したもの

出典
 
「拾遺集」