曾禰好忠

小倉百人一首 046

由良の門を 渡る舟人 かぢを絶え ゆくへも知らぬ 恋の道かな

ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな

曾禰好忠

解説
 曽禰好忠(そねのよしただ・生没年不明)は平安時代中期の歌人ですが、詳しいことなどは伝わっていません。
 丹後掾(たんごのじょう)であったので曽丹後、または、これも略して曽丹などと呼ばれた人物で、「拾遺和歌集」などに好忠の和歌が残されています。

 この和歌は丹後に住む曽禰好忠が、都にいる恋人を思って詠んだ歌だと言われていますが、曽禰好忠が思い迷っている様子が、巧みな喩えで表されています。
 「ゆくへも知らぬ」は、上の句の「波に流される舟」と、次の「恋の道」とにかかっていて、不安な心の様を余情ある形で詠んでいます。

 ところで、「由良」という地名は、万葉集の頃から、紀州(和歌山県)にある由良港を指していたようで、長くそのようにとらえられていました。
 しかし、曽禰好忠が赴任していた丹後にも、由良川という名の川があるので、この和歌に詠まれているのは「由良川」ではないかと言われています。


読み
 
ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ ゆくへもしらぬ こひのみちかな

季節
 -

現代意訳

 由良の海峡を渡る船人が、かいをなくして、行く先も決まらぬままに波間に漂っているように、わたしたちの恋の行方も、どこへ漂っていくのか思い迷っているものだ。

 ※由良の門を / 「門」は、海路が狭く、流れの激しいところ

出典
 
「新古今集」