平兼盛

小倉百人一首 040

忍ぶれど 色に出でにけり わが恋は 物や思ふと 人の問ふまで

しのぶれど いろにいでにけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで

平兼盛

解説
 平兼盛(たいらのかねもり・生年不明~永祚2年 /?~990年)は三十六歌仙のひとりとして藤原公任が挙げている優れた歌人で、「後撰和歌集」より以降の勅撰和歌集に90首程の和歌が伝えられています。

天元二年(979年)に駿河守に任ぜられていますが、天徳四年の内裏歌合のときに詠まれた、この和歌についてのエピソードはよく知られているものです。

 天徳四年(960年)、村上天皇の頃に歌合せが行われた時、兼盛はこの和歌で壬生忠見の和歌と競い合いました。
 いずれも優劣つけがたい名歌でしたが、天皇がこの歌を小さく口ずさんだので、この平兼盛の和歌が選ばれたと伝えられています。
 相手に直接恋心を訴えるでもないのに、強い思いがよく伝わってくる、巧みな和歌に仕上がっています。


読み
 
しのぶれど いろにいでにけり わがこひは ものやおもふと ひとのとふまで

季節
 -

現代意訳

 人に知られまいと恋しい思いを隠していたけれど、とうとう隠し切れずに顔色に出てしまったことだ。何か物思いをしているのではと、人が尋ねるほどまでに…。

 ※色に出にけり / 「色」は表情のこと。「けり」は詠嘆を表している。

出典
 
「拾遺集」