参議等

小倉百人一首 039

浅茅生の 小野の篠原 しのぶれど あまりてなどか 人の恋しき

あさぢふの をののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこひしき

参議等

解説
 参議等(さんぎひとし・元慶4年~天暦5年 / 880~951年)は源等のことで、中納言・源希の次子、嵯峨天皇のひ孫にあたる人物です。
 参河、丹波、山城守などの官職を歴任した後、従四位大宰大弐から慶九年(946年)に参議、天暦五年に正四位下参議となりました。
 歌人としての詳細はよく分かっていませんが、参議等の和歌は、「後撰和歌集」に4首が伝えられています。

 この和歌は、古今集にある「あさぢふの をのの篠原 しのぶとも 人知るらやめ いうひとなしに」の和歌を真似て、参議等が思いを寄せる女性のためにつくったと言われています。
 上の句では、丈の低い茅(かや)が広がる野原を詠んでいますが、この情景を、恋心を抑えている様子と重ねているようにも感じられます。
 そして、下の句では、おさめきれない恋心を一気に詠み表していて、起伏ある歌に仕上げています。

読み
 
あさぢふの をののしのはら しのぶれど あまりてなどか ひとのこひしき

季節
 -

現代意訳

 浅茅の生えた寂しく忍ぶ小野の篠原ではありませんが、あなたへの思いを忍んではいますが、もう忍びきることは出来ません。どうしてこのようにあなたが恋しいのでしょうか。

 ※浅茅生の / 「浅茅生」は低い茅がまばらに生えているところ
 ※小野の篠原 / 「小野」は野原や草原のこと。「篠原」は細い竹が生えている野原
 ※あまりてなどか / 「などか」は疑問を表していて、「どうしてか」の意

出典
 
「後撰集」