右近

小倉百人一首 038

忘らるる 身をば思はず 誓ひてし 人の命の 惜しくもあるかな

わすらるる みをばおもはず ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな

右近

解説
 右近(うこん・生没年不明)は平安時代の中頃の女流歌人で、右近少将・藤原季蝿の娘です。
 父の官職の名から右近とよばれ、醍醐天皇の后・穏子に仕えていました。
 内裏歌合などでも和歌を詠んだと伝えられていて、「後撰和歌集」、「拾遺和歌集」、「新勅撰和歌集」などに歌が残されています。
 また、「大和物語」には、藤原敦忠、藤原師輔、藤原朝忠、源順(みなもとのしたごう)などとの恋愛が取り上げられていて、恋多き女性だったとも伝えられています。

 右近は
藤原敦忠と愛し合っていましたが、敦忠が他の女性に心を動かしているという噂を耳にしたときに、この和歌を詠んだと言われています。
 相手が神罰を受けないかと、敦忠への想いが断ち切れない、切ない恋心が伝わってくる歌です。


読み
 
わすらるる みをばおもはず ちかひてし ひとのいのちの をしくもあるかな

季節
 -

現代意訳

 あなたに忘れられる我が身のことは何ほどのこともありませんが、ただ神にかけて (わたしをいつまでも愛してくださると) 誓ったあなたの命が、はたして神罰を受けはしないかと、借しく思われてなりません。

 ※忘らるる / 「るる」は受身を表していて、「忘れられる」

出典
 
「拾遺集」