道因法師

小倉百人一首 082

思ひわび さても命は あるものを 憂きに堪へぬは 涙なりけり

おもひわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり

道因法師

解説
 道因法師(どういんほうし・寛冶4年~ 寿永元年頃 / 1090~1182年頃?)とは藤原敦頼(ふじわら の あつより)のことで、崇徳天皇に仕えて従五位下右馬助になっています。
 八十歳をすぎてから出家し、延暦寺に入り大法師と呼ばれました。
 和歌には優れ、住吉明神に月詣をして、秀歌を詠ませ給えと祈ったと伝えられています。

 この和歌は想いに悩む恋の和歌のひとつですが、道因法師がまだ若い頃に詠まれたものだと言われています。
 しかし、「千載集」では恋の歌になっていますが、(対象がはっきりしないことから)人生のさまを詠んだ歌とも解釈することができます。
 そのように解釈すると、耐え難いつらさが訪れようとも、結局は生きていかなければならないという、人生の理を詠んでいるようにも思えます。



読み
 
おもひわび さてもいのちは あるものを うきにたへぬは なみだなりけり

季節
 -

現代意訳

 つれない人のことを思い、これほど悩み苦しんでいても、命だけはどうにかあるものの、この辛さに耐えかねるのは (次から次へと流れる) 涙であることだ。

 ※思ひわび / 「思い嘆く」の意
 ※さても / それでも、やはり

出典
 
「千載集」