後徳大寺左大臣

小倉百人一首 081

ほととぎす 鳴きつる方を ながむれば ただ有明の 月ぞ残れる

ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

後徳大寺左大臣

解説
 後徳大寺左大臣(ごとくだいじのさだいじん・保延5年~建久2年 / 1139~1191年)とは、藤原実定のことで、右大臣 藤原公能の長男です。
 文治五年(1189年)に左大臣となりましたが、祖父も徳大寺左大臣だったので後徳大寺左大臣と呼ばれました。

 この和歌は、「暁にほととぎすを聞く」という題で読まれたものとされていますが、この頃の歌人は、ほととぎすの和歌を詠むために明け方までずっと待っていたと言われています。
 この歌もそのようにして詠まれたものですが、「聞く」から「見る」世界へ変わり、月の印象が強く残ります。


読み
 
ほととぎす なきつるかたを ながむれば ただありあけの つきぞのこれる

季節
 夏

現代意訳

 ほととぎすの鳴き声が聞こえたので、その方に目をやってみたが、(その姿はもう見えず) 空には有明の月が残っているばかりであった。

出典
 
「千載集」