法性寺入道前関白太政大臣

小倉百人一首 076

わたの原 漕ぎ出でて見れば ひさかたの 雲居にまがふ 沖つ白波

わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもゐにまがふ おきつしらなみ

法性寺入道前関白太政大臣

解説
 法性寺入道前関白太政大臣(ほっしょうじのにゅうどうさきのかんぱくだじょうだいじん・承徳元年~長寛2年 / 1097~1164年)とは、藤原忠道のことです。
 関白忠実の長男で、鳥羽、崇徳、近衛、後白河の四朝に仕えています。
 太政大臣に二回、関白に三回、摂政に二回も任ぜられた人ですが、弟である頼長との不和が原因で、後に保元の乱が起こりました。

 幼い頃から和歌に取り組み、源俊頼藤原基俊などから指導を受けています。
 この和歌は歌会で詠まれたものですが、調べもゆったりとしていて、広々とした自然の景色が、目に浮かぶようです。


読み
 
わたのはら こぎいでてみれば ひさかたの くもゐにまがふ おきつしらなみ

季節
 -

現代意訳

 大海原に船を漕ぎ出してみると、遠くの方では、雲と見わけがつかないような白波が立っているのが見える。(まことにおもしろい眺めではないか)

 ※わたの原が / 「わた」は海のことで、大海原
 ※雲居 / 雲のあるところ、或いは雲そのもの
 ※沖つ白波 / 「つ」は「の」と同じで、「天つ風」などと同様

出典
 
「詞花集」