藤原基俊

小倉百人一首 075

契りおきし させもが露を 命にて あはれ今年の 秋もいぬめり

ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり

藤原基俊

解説
 藤原基俊(ふじわらのもととし・康平3年~康冶元年 / 1060~1142年)は右大臣俊家の子どもで、藤原道長の曽孫になります。
 従五位下左衛門佐に任ぜられていますが、源俊頼とならぶ優れた歌人で、藤原俊成(定家の父)はその弟子にあたります。

 ある時、基俊の子ども(光覚)が藤原忠道に官職を頼みましたが、それが叶えられなかったので、この和歌で再び訴えたと言われています。
 秋の物哀しさと、約束が叶えられなかった哀しさを重ねていて、余情が感じられる和歌になっています。


読み
 
ちぎりおきし させもがつゆを いのちにて あはれことしの あきもいぬめり

季節
 秋

現代意訳

 あなたが約束してくださった、させも草についた恵みの露のような言葉を、命のように恃んでおりましたが、それもむなしく、今年の秋もすぎてしまうようです。

 ※させもが / 「させも(さしも)」は蓬(よもぎ)のこと
 ※いぬめり / 「いぬ」は「往ぬ」、「めり」はやわらかく断定する意

出典
 
「千載集」