右大将道綱母

小倉百人一首 053

嘆きつつ ひとり寝る夜の 明くる間は いかに久しき ものとかは知る

なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる

右大将道綱母

解説
 右大将道綱母(うだいしょうみちつなのはは・承平7年頃~長徳元年頃 / 937年頃~995年頃)は伊勢守 藤原倫寧(ともやす)の娘で、藤原兼家に嫁ぎ、道綱を生みました。
 右大将道綱母は日本の三美人のひとりと言われましたが、和歌や文章にも優れ、兼家との生活を回想した「蜻蛉日記」は有名です。

 ところで、兼家には通う女性が何人かいたようですが、この和歌では、夫を待つしかない女性の気持ちが詠まれていて、切ない気持ちが伝わってくるようです。



読み
 
なげきつつ ひとりぬるよの あくるまは いかにひさしき ものとかはしる

季節
 -

現代意訳

 (あなたが来てくださらないことを) 嘆き哀しみながらひとりで夜をすごす私にとって、夜が明けるのがどれほど長く感じられるものか、あなたはいったいご存じなのでしょうか。

出典
 
「拾遺集」