陽成院

小倉百人一首 013

筑波嶺の みねより落つる みなの川 恋ぞつもりて 淵となりぬる

つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる

陽成院

解説
 陽成院(ようぜいいん・貞観10年~天暦3年 / 868~949年)は清和天皇の第一皇子で、貞観十九年(877年)、十歳のときに第五十七代天皇として即位されましたが、病気などのため、わずか十五才(或いは十七才)で廃位され、皇位を孝徳天皇に譲られました。

 また、百人一首・第20番を詠まれた元良親王(もとよししんのう)は陽成天皇の第一皇子ですが、退位して上皇となられた陽成院は、孝徳天皇の内親王に恋をしていたと言われていて、この和歌はその恋心を詠ったものと伝えられています。

 筑波山は恋の歌に取り上げられることの多い題材ですが、この和歌では、そこから流れ出るみなの川を取り上げています。
 その様子は、小さな恋心が、やがては大きく育っていく様のようで、自然の姿をうまく重ねた、作者の深い思いが伝わってきます。

読み
 つくばねの みねよりおつる みなのがは こひぞつもりて ふちとなりぬる


季節
 -

現代意訳

 筑波山の峯から流れてくるみなの川も、(最初は小さなせせらぎほどだが)やがては深い淵をつくるように、私の恋もしだいに積もり、今では淵のように深いものとなってしまった。

 ※ 筑波峰 / 常陸の国(茨城県)にある筑波山。ふたつの峰があり、それぞれを「男体」、「女体」と呼ぶこともある
 ※ みなの川 / 筑波山から流れ出て、やがて桜川から霞ヶ浦にいたる。「男女川」とも書かれる

出典
 
「後撰集」