入道前太政大臣

小倉百人一首 096

花さそふ 嵐の庭の 雪ならで ふりゆくものは わが身なりけり

はなさそふ あらしのにはの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり

入道前太政大臣

解説
 入道前太政大臣(にゅうどうさきのだじょうだいじん・承安元年~寛元2年 / 1171~1244年)とは、藤原公経(ふじわらのきんつね)のことです。
 坊城内大臣実宗の次男で、公経が京都北山に西園寺を建ててから、その家を代々西園寺と呼ぶようになりました。
 承久三年に内大臣、貞応元年(1222年)には従一位太政大臣になるなど、当時その威勢は世に並ぶものがないほどでした。
 また、定家が編んだ「新勅撰集」には、公経の歌が30首も入っているなど、歌人としても広く活躍しました。

 この和歌は西園寺の山荘で詠んだものと言われていますが、散り行く桜をわが身に見立て、公経の気持ちが見事に詠まれています。
 散り積もった桜を雪に例え、「ふりゆく」を「降りゆく」と「古りゆく」にかけるなど、つくりも巧みですが、権勢の頂点にあった公経が詠んだけに、感慨深いものに感じられます。


読み
 
はなさそふ あらしのにはの ゆきならで ふりゆくものは わがみなりけり

季節
 春

現代意訳

 (降っているのは) 嵐が庭に散らしている花吹雪ではなくて、降っているのは、実は歳をとっていくわが身なのだなぁ。

 ※雪ならで / 「雪」は、散ってしまい地面に積もった桜を指している。「で」は打消しの語

出典
 
「新勅撰集」