鎌倉右大臣

小倉百人一首 093

世の中は 常にもがもな 渚漕ぐ あまの小舟の 綱手かなしも

よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのをぶねの つなでかなしも

鎌倉右大臣

解説
 鎌倉右大臣(かまくらのうだいじん・建久3年~建保7年 / 1192~1219年)は鎌倉幕府を開いた源頼朝の次男、実朝のことで、母は北条時政の娘・政子です。
 十二歳で征夷大将軍、建保六年、二十七歳で右大臣となりました。
 定家から歌を学び、多くの優れた和歌を残していますが、右大臣となった翌年の承久元年、鶴岡八幡宮に参拝の帰途、頼家の子 公暁に暗殺されてしまいます。

 この和歌は、実朝の素直な心を、日常の景色の中に見事に詠み表しています。
 小船が引かれていく何気ない風景ですが、それが常に変わらずにあって欲しいと願う気持ちは、しみじみとした味わいが感じられます。


読み
 
よのなかは つねにもがもな なぎさこぐ あまのをぶねの つなでかなしも

季節
 -

現代意訳

 この世の中は、いつまでも変わらないでいてほしいものだ。渚にそって漕いでいる、漁師の小船をひき綱で引いている風情はいいものだからなぁ…

 ※常にもがもな / 「がも」は願望を表していて、「な」は詠嘆の語
 ※あまの小船 / 「あま」は「漁夫」のこと
 ※綱手かなしも / 「綱手」は舟のへさきにつけてある綱。「かなし」は「愛おしい」の意

出典
 
「新勅撰集」