殷富門院大輔

小倉百人一首 090

見せばやな 雄島のあまの 袖だにも 濡れにぞ濡れし 色はかはらず

みせばやな をじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかはらず

殷富門院大輔

解説
 殷富門院大輔 (いんぷもんいんのたいふ・生没年不明)は従五位下 藤原信成の娘で、後白河上皇の皇女、殷富門院亮子(式子内親王の姉)に仕えました。
 鎌倉初期の優れた女流歌人として知られていて、定家が撰者の「新勅撰集」でも、15首が残されています。
 また、定家のほか、家隆寂蓮法師などとも親しかったと言われています。

 ところで、この歌は恋の和歌ですが、「本歌取り」という技法がとられています。
 「本歌取り」とは、よく知られている和歌の一部や言葉を取り入れて、自分の歌の中に読み込む技法のことです。
 この殷富門院大輔 の歌の本歌は、「松島や 雄島の磯に あさりせし あまの袖こそ かくは濡れしか (松島にある雄島の漁夫の袖と同じくらい、わたしの袖は涙濡れています)」という、源重之が詠んだ歌です。

 この和歌を本歌としたのが、この和歌で、「濡れるどころでなく、私の袖は色さえも変わってしまった」と、より強く表現していますが、重之の和歌への返歌にもなっています。


読み
 
みせばやな をじまのあまの そでだにも ぬれにぞぬれし いろはかはらず

季節
 -

現代意訳

 (涙で色が変わってしまった) わたしの袖をあなたにお見せしたいものです。あの雄島の漁夫の袖でさえ、毎日波しぶきに濡れていても、少しも変わらないものなのに。

 ※見せばやな / 「見せたいものだ」の意
 ※雄島のあまの / 「雄島」は宮城県松島にある島。「あま」は漁夫のこと

出典

 
「千載集」