待賢門院堀河

小倉百人一首 080

長からむ 心も知らず 黒髪の 乱れて今朝は 物をこそ思へ

ながからむ こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもへ

待賢門院堀河

解説
 待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ・生没年不明)は、神官の源顕仲の娘で、崇徳院の母である待賢門院彰子に仕え、六条と呼ばれていました。
 はじめは前斉院(白河院皇女令子内親王)に仕えていましたが、後に、待賢門院に仕え、堀川と呼ばれていましたが、院の出家とともに尼になっています
 西行法師などとも親交があったといわれていますが、詳しいことは伝わっていません。

 この和歌も恋の歌のひとつで、女性の気持ちをうまく表現していますが、「髪の乱れ」によって妖艶な歌になっています。
 また、「乱れ」は「髪」と「気持ち」のふたつにかかっていますが、 「長からむ」も髪の縁語になっているなど、つくりも巧みです。


読み
 
ながからむ こころもしらず くろかみの みだれてけさは ものをこそおもへ

季節
 -

現代意訳

 あなたの心は末永くまで決して変わらないかどうか、わたしの黒髪が乱れているように、わたしの心も乱れて、今朝は物思いに沈んでおります。

 ※長からむ / 永く変わらないであろう。「む」は推量の語
 ※物をこそ思へ / 「こそ」は強調の語

出典
 
「千載集」