順徳院

小倉百人一首 100

ももしきや 古き軒端の しのぶにも なほあまりある 昔なりけり

ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なほあまりある むかしなりけり

順徳院

解説
 順徳院(じゅんとくいん・建久8年~仁冶3年 / 1197~1242年)は後鳥羽天皇の第三皇子で、第八十四代の天皇です。
 十三歳の時に即位され、承久三年(1221)、後鳥羽院を中心に北条氏追討のために挙兵されましたが、敗れて佐渡に流され、在島二十二年ののち崩御なされました。
 藤原定家とも親交があり、和歌や文学に優れておられました。

 この和歌は、百人一首の中でも最後の和歌なのでよく知られていますが、世の移り変わりの栄衰への、順徳院の気持ちが見事に詠まれています。
 また、この歌は鎌倉幕府との対立が深まった頃に詠まれたものですが、順徳院が二十歳の頃だったと言われています。


読み
 
ももしきや ふるきのきばの しのぶにも なほあまりある むかしなりけり

季節
 -

現代意訳

 御所の古びた軒端のしのぶ草を見るにつけ、(朝廷の栄えた) 昔が懐かしく思われて、いくら偲んでも偲びきれないことだ。

 ※ももしき / 「百敷」または「百石城」と書き、多くの石でできた城という意味で、御所のこと
 ※しのぶにも / 「しのぶ」は「(昔を懐かしむ)偲ぶ」と、「忍ぶ草」がかかっている。「忍ぶ草」は、荒れた軒などに生えるシダ類。
 ※あまりある / 「しのぶ」にかかり、「偲んでも偲びきれない」

出典
 
「続後撰集」