前中納言匡房

小倉百人一首 073

高砂の 尾上の桜 咲きにけり 外山の霞 立たずもあらなむ

たかさごの をのへのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなむ

前中納言匡房

解説
 前中納言匡房(さきのちゅうなごんまさふさ・長久2年~天永2年 / 1041~1111年)は大江匡房のことで、赤染衛門の曾孫にあたります。
 八才で史記、漢書を読み、詩をつくったと言われ、幼い頃より神童と呼ばれていました。
 東宮学士に三度も選ばれるなど学問に優れ、正二位権中納言になっています。

 また、八幡太郎と呼ばれる武家の棟梁・源義家の兵法の師でもあり、「野に兵が隠れていると、飛んでいる雁が列を乱す」と教えたことは、よく知られています。

 この和歌は、内大臣 藤原師通(ふじわらのもろのぶ)の屋敷で花見の宴が開かれた時に詠まれたと言われています。
 ここでは、桜を直接は愛でていませんが、遠い山から近くの山までの情景が広がり、霞に呼びかけることによって、桜への愛情を表しています。


読み
 
たかさごの をのへのさくら さきにけり とやまのかすみ たたずもあらなむ

季節
 春

現代意訳

 かなたにある高い山の峰にも桜の花が咲いたようだから、(その桜を見たいので) 手前の山の霞よ、どうか立たないようにしてくれないか。

 ※高砂 / 高い山
 ※尾上 / 山の頂
 ※外山 / 「深山」に対比させる言葉で、里に近い山

出典
 
「後拾遺集」