大納言経信

小倉百人一首 071

夕されば 門田の稲葉 おとづれて 蘆のまろやに 秋風ぞ吹く

ゆふされば かどたのいなば おとづれて あしのまろやに あきかぜぞふく

大納言経信

解説
 大納言経信(だいなごんつねのぶ・長和5年~承徳元年 / 1016~1097年)は民部卿 道方の六男で、源経信のことです。
 蔵人頭、参議をへて寛治五年(一○九一)、正二位大納言に任ぜられています。
 歌人としても有名でしたが、管弦も巧みだったと伝えられています。

 ここでは、目の前にある秋の情景をさらりと詠んでいますが、秋風が目と耳で感じられる、動きのある表現になっています。
 前の良選法師の歌と同じく、これまでの和歌にはなかった新鮮さが感じられる一首です。


読み
 
ゆふされば かどたのいなば おとづれて あしのまろやに あきかぜぞふく

季節
 秋

現代意訳

 夕方になると、家の前にある田の稲葉を音をたてて、 葦葺きのそまつな小屋に秋風が吹き訪れることよ。

 ※夕されば / 「さる」は「~になる」の語で、進行していることを表している
 ※門田 / 門前ある田
 ※おとづれて / 「おとづる」は「音を立てる」の意
 ※蘆のまろや / 葦葺きの仮小屋

出典
 
「金葉集」