相模

小倉百人一首 065

恨みわび ほさぬ袖だに あるものを 恋に朽ちなむ 名こそ惜しけれ

うらみわび ほさぬそでだに あるものを こひにくちなむ なこそをしけれ

相模

解説
 相模 (さがみ・生没年不明) は源義光の娘と言われている人物で、後冷泉天皇の頃、相模守 大江公資の妻となり、相模と呼ばれるようになりました。
 しかし、後に離婚して、一条天皇の皇女に仕えました。

  相模は当代では赤染衛門と並び称される、一流の女流歌人として名を知られていて、「後拾遺集」には、和泉式部についで多くの和歌が残されています。

 この和歌は、永承6年の宮中での歌合せのときに詠まれたもので、評判を得たと言われています。
 「(涙で濡れる)袖」と「(我が)名」の軽重を比べることで、気持ちの深さをうまく詠み表しています。
 しかし、この和歌は、(涙で濡れる)袖さえ朽ちていないのに(あるものを)、我が名は朽ちてしまう、とも解釈することができるとも言われています。



読み
 
うらみわび ほさぬそでだに あるものを こひにくちなむ なこそをしけれ

季節
 -

現代意訳

 あなたの冷たさを恨み、流す涙で乾くひまさえもない袖が(朽ちてしまうことでさえ)口惜いのに、この恋のために、(つまらぬ噂で) わたしの名が落ちてしまうのは、なんとも口惜しいことです。

 ※恨みわび / 「わぶ」は「悲しむ」の意
 ※ほさぬ袖 / 「干さない袖」は、所謂「涙に濡れたままの袖」

出典
 
「後拾遺集」