大弐三位

小倉百人一首 058

有馬山 猪名の笹原 風吹けば いでそよ人を 忘れやはする

ありまやま ゐなのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする

大弐三位

解説
 大弐三位 (だいにのさんみ ・生没年不明) は紫式部の娘で、藤原賢子(けんし)といいます。
 正三位大宰大弐 高階成章の妻となったので大弐三位と呼ばれましたが、父が越後守であったことから、越後弁とも呼ばれました。

 大弐三位は、母である紫式部の死後、中宮彰子さまに仕えていましたが、この和歌は、そこである貴族に恋をして詠んだ和歌だと言われています。



読み
 
ありまやま ゐなのささはら かぜふけば いでそよひとを わすれやはする

季節
 -

現代意訳

 有馬山のふもとにある猪名の笹原に風が吹くと、笹の葉がそよそよと鳴りますが、そうです、その音のように、どうしてあなたを忘れたりするものでしょうか。

 ※有馬山 / 摂津国(兵庫県)にある有馬温泉近くの山
 ※猪名 / 摂津国にある猪名川
 ※いでそよ / 「いで」は「さあ」などの意。「そよ」は「それよ」の短縮。
 ※忘れやはする / 「や」、「は」は反語で、「忘れたりするものでしょうか」の意。

出典
 
「後拾遺集」