中納言朝忠

小倉百人一首 044

逢ふことの 絶えてしなくば なかなかに 人をも身をも 恨みざらまし

あふことの たえてしなくば なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし

中納言朝忠

解説
 中納言朝忠(ちゅうなごんあさただ・延喜10年~康保3年 / 910~966年)は、藤原公任が優れた歌人として取りあげた三十六歌仙の一人で、三条右大臣・藤原定方の子どもです。
 大宰大弐などをへて、従三位権中納言にまですすみましたが、漢文にも優れ、和楽器である笙(しょう)の名手でもあったと伝えられています。

 朝忠は笙の名手でもあったため、恋心を寄せる女性も多くいましたが、この和歌は、朝忠が失恋した時に詠んだ和歌だと言われています。
 しかし、この和歌は、4041番の歌と同じ、天徳四年の内裏歌合のときに詠まれているので、相手を特定したものではありません。
 いずれにしても、「逢わなければ、恨むこともなかろうに」と、相手を恨むような形になっていますが、それとは反対に、「逢いたい」という気持ちが伝わってくるような和歌です。


読み
 
あふことの たえてしなくば なかなかに ひとをもみをも うらみざらまし

季節
 -

現代意訳

 あなたと会うことが一度もなかったのならば、むしろあなたのつれなさも、わたしの身の不幸も、こんなに恨むことはなかったでしょうに。(あなたに会ってしまったばっかりに、この苦しみは深まるばかりです)

 ※絶えてしなくば / 「絶えて」は「絶対に」。「し」は強調の語
 ※なかなかに / 「かえって」の意
 ※恨みざらまし / 「ざら」は打消し。「まし」は実際とは反対のこと

出典
 
「拾遺集」