権中納言敦忠

小倉百人一首 043

逢ひ見ての 後の心に くらぶれば 昔は物を 思はざりけり

あひみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもはざりけり

権中納言敦忠

解説
 権中納言敦忠(ごんちゅうなごんあつただ・延喜6年~天慶6年 / 906~943年)は醍醐、朱雀の両朝に仕えた左大臣・藤原時平の三男で、藤原敦忠(ふじわらのあつただ)のことです。

 敦忠は和歌に優れ、三十六歌仙のひとりとして藤原公任が挙げていますが、源博通と並び琵琶の名手であったとも伝えられています。
 「後撰和歌集」などに多くの和歌が残されていて、蔵人頭、参議を経て、九四二年、従三位中納言になっています。

 敦忠は右近と愛し合っていましたが、この和歌は、その右近への思いを詠んだものと言われています。
 恋心がさらりと詠まれていますが、逢う前と逢った後の物思い、それが、この和歌にさまざまな余情を与えています。


読み
 
あひみての のちのこころに くらぶれば むかしはものを おもはざりけり

季節
 -

現代意訳

 このようにあなたに逢ってからの今の苦しい恋心にくらべると、逢いたいと思っていた昔の恋心の苦しみなどは、何も物思いなどしなかったも同じようなものです。

出典
 
「拾遺集」