壬生忠見

小倉百人一首 041

恋すてふ わが名はまだき 立ちにけり 人知れずこそ 思ひそめしか

こひすてふ わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもひそめしか

壬生忠見

解説
 壬生忠見(みぶのただみ・生没年不明)は平安時代中期の人で、「古今集」撰者の一人である壬生忠岑の子どもで、幼い頃は、名多と呼ばれていました。 
 藤原公任が優れた歌人として選んだ三十六歌仙のひとりでもある壬生忠見ですが、天徳四年の「内裏歌合」で平兼盛の和歌に負け、悶々のうちに病気になって亡くなったとも伝えられています。
 (但し、歌集である「忠見集」からは、その後も歌人として活躍していたようです)

 歌合せへの招待状が届いた時、忠見は摂津国にあったのですが、この和歌は、そのときに思いを寄せていた女性を思って詠んだ和歌だと伝えられています。


読み
 
こひすてふ わがなはまだき たちにけり ひとしれずこそ おもひそめしか

季節
 -

現代意訳

 わたしが恋をしているという噂が、もう世間の人たちの間には広まってしまったようだ。人には知られないよう、密かに思いはじめたばかりなのに。
 ※恋すてふ / 「恋するという」の短縮形
 ※思ひそめかし / 「そめ」は「はじめ」の意

出典
 
「拾遺集」