文屋朝康

小倉百人一首 037

白露に 風の吹きしく 秋の野は つらぬきとめぬ 玉ぞ散りける

しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける

文屋朝康

解説
 文屋朝康(ぶんやのあさやす・生没年不明)は六歌仙に選ばれている文屋康秀の子どもですが、詳しいことは伝わっていません。
 しかし、文屋朝康は歌人としては有名で、延喜中に大舎人大充、大膳少進なども歴任したことが伝えられています。

 この和歌は、朝康がまだ弟子であった頃に詠まれた和歌だと言われていますが、繊細な自然の風景が巧みに表現されています。
 「白露」は色ではなく、清らかさを強調していますが、「散りける」によって、露が飛び散るさまをうまく詠んでいて、動きのある情景が浮かんできます。


読み
 
しらつゆに かぜのふきしく あきののは つらぬきとめぬ たまぞちりける

季節
 秋

現代意訳

 (草葉の上に落ちた) 白露に風がしきりに吹きつけている秋の野のさまは、まるで糸に通してとめてない玉が、美しく散り乱れているようではないか。

 ※吹きしく / しきりに吹く。「吹く」と「頻く(しく)」の複合。「しく」は「繰り返す」の意

出典
 
「後撰集」