坂上是則

小倉百人一首 031

朝ぼらけ 有明の月と 見るまでに 吉野の里に 降れる白雪

あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

坂上是則

解説
 坂上是則(さかのうえのこれのり・?~930年頃)は醍醐天皇、朱雀天皇の頃の人で、坂上田村麿の四代目の孫にあたると言われています。
 三十六歌仙の一人として藤原公任が挙げている優れた歌人で、和歌のほか、蹴鞠も上手だったと伝えられています。
 また、坂上是則は延長三年には加賀介に任ぜられているほか、是則の子どもの望城は、「後撰集」の選者のひとりになっています。

 この和歌は、職務で吉野へ出かけた是則が、見事な白雪を見て詠んだといわれていて、素直な自然への驚きが表されています。

 「吉野」は奈良県にある「吉野山」一帯を指すことが多く、離宮が置かれ、多くの天皇が行幸されています。


読み
 
あさぼらけ ありあけのつきと みるまでに よしののさとに ふれるしらゆき

季節
 冬

現代意訳

 夜が明ける頃あたりを見てみると、まるで有明の月が照らしているのかと思うほどに、吉野の里には白雪が降り積もっているではないか。

 ※朝ぼらけ / 夜がほのぼのと明ける頃

出典
 
「古今和歌集」