凡河内躬恒

小倉百人一首 029

心あてに 折らばや折らむ 初霜の 置きまどはせる 白菊の花

こころあてに をらばやをらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな

凡河内躬恒

解説
 凡河内躬恒(おおしこうちのみつね / 生没不明)は平安時代前期の人で、寛平、延喜・延長の頃の人と言われています。
 歌人としては紀貫之と並ぶほどで、『古今集』の選者のひとりでもあるほか、藤原公任が選んでいる三十六歌仙の一人でもあります。
 延喜十一年(911年)に和泉の権掾六位となりましたが、詳しいことは伝えられていません。
 しかし、凡河内躬恒の和歌は、勅撰和歌集に200首近くが伝えられていて、特に叙景歌に優れていました。

 凡河内躬恒が和歌のつくりり方を弟子達に教えていた時、庭に咲いている白菊に霜が降りているのを想像して、この和歌をつくってみせたと伝えられていますが、その景色が目に見えるようです。
 実際には、霜と白菊とを見間違うことはないでしょうが、見た感じを巧みに表現していて、白一面の透き通るような情景が感じられます。


読み
 
こころあてに をらばやをらむ はつしもの おきまどはせる しらぎくのはな
季節
 秋

現代意訳

 無造作に折ろうとすれば、果たして折れるだろうか。一面に降りた初霜の白さに、いずれが霜か白菊の花か見分けもつかないほどなのに。

 ※心あて / 根拠もなく推し量ること、あて推量、当てずっぽう
 ※折らばや折らむ / 「ば」は仮定、「や」は疑問、「む」は意思を表している

出典
 
「新古今集」