中納言兼輔

小倉百人一首 027

みかの原 わきて流るる いづみ川 いつ見きとてか 恋しかるらむ

みかのはら わきてながるる いづみがは いつみきとてか こひしかるらむ

中納言兼輔

解説
 中納言兼輔(ちゅうなごんかねすけ・元慶元年~承平3年 /877~933年)は藤原兼輔(ふじわらのかねすけ)のことで、屋敷が賀茂川の堤にあったことから、堤中納言ともよばれました。
 平安初期の歌人で、藤原冬嗣の孫で、利基の六男にあたります。
 延長八年に中納言となり、 和歌にすぐれ、紀貫之などの歌人とも 親しく交際するなど、藤原公任が選んだ三十六歌仙のひとりでもあります。
 中納言兼輔の和歌は、勅撰和歌集などに数多く伝えられています。

 都で若狭守の姫の噂がしきりとされていた頃、兼輔もその噂を聞いて「是非とも会ってみたい」と思い、この和歌が詠まれたと言われています。

 「いづみ川」を「いつ見」にかけているなど、巧みなつくりになっていますが、水が沸き出て流れる様子を詠むことによって、恋心が強くなっていくことをうまく表しています。


読み
 
みかのはら わきてながるる いづみがは いつみきとてか こひしかるらむ
季節
 -

現代意訳

 みかの原を湧き出て流れる泉川よ、(その「いつ」という言葉ではないが) その人をいつ見たといっては、恋しく思ってしまう。本当は一度たりとも見たこともないのに。

 ※みかの原 / 京都府を流れる木津川の北岸あたり。聖武天皇が一時この地へ遷都し、恭仁京(くにきょう)がおかれた
 ※恋しかるらむ / 「らむ」は推量を表す

出典
 
「新古今和歌集」