柿本人麻呂

小倉百人一首 003

あしびきの 山鳥の尾の しだり尾の ながながし夜を ひとりかも寝む

あしびきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ

柿本人麻呂

解説
 柿本人麻呂(かきのもとのひとまろ)は持統、文武の両天皇に仕えた優れた宮廷歌人ですが、生没年(660年頃から720年頃と言われています)や官位など、詳しいことは伝わっていません。

 柿本人麻呂は天皇をたたえる和歌を数多く残していますが、挽歌(死んだ人を悲しむ和歌)や相聞歌(互いにやり取りをする和歌)など、各種の和歌にも通じ、特に相聞歌では特に優れた和歌を多く残しています。
 和銅三年頃、 石見の国で亡くなったとも伝えられていますが、山部赤人と共に優れた歌人として名を残し、「三十六歌仙人」のひとりにも挙げられています。
 「万葉集」も多くの和歌が残されていますが、「勅撰集」にも240首以上の歌が収められています。

 人麻呂には、密かに思いを寄せる女性がありましたが、その女性は天皇に仕える人だったので、人麻呂はそのことを打ち明けらず、この和歌をつくったと言われています。
 山鳥を題材にして、自らの恋心を見事に表現していますが、上三句に繰り返される「の」の響きは、恋のわびしさだけでなく、秋の夜長を優雅に詠んでいます。


読み
 あしびきの やまどりのをの しだりをの ながながしよを ひとりかもねむ

季節
 -

現代意訳
 夜になると、雄と雌が離れて寝るという山鳥だが、その山鳥の長く垂れ下がった尾のように、こんなにも長い長い夜の間を、私もまた、(あなたと離れて)ひとり寂しく寝るのだろうか。

 ※ 山鳥 / キジの仲間で、雄の尾はとても長い
 ※ しだり尾 / 長く垂れ下がっている尾

出典
 「拾遺集」