大江千里

小倉百人一首 023

月見れば ちぢに物こそ 悲しけれ わが身ひとつの 秋にはあらねど

つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど

大江千里

解説
 大江千里(おおえのちさと/生没年不明)は平安時代初期、宇多天皇の頃の漢学者で、参議・大江音人の子どもです。
 歌人として有名な在原業平
行平は大江千里の叔父にあたるといわれています。

 元慶三年・兵部大丞になっていますが、師の菅原是善と共に「貞観格式」を共撰したりしています。
 また、大江千里の和歌は「古今和歌集」に10首、勅撰和歌集などに25首が伝わっているほか、寛平6年、自分の歌を集めた「句題和歌(大江千里集)」を宇多天皇に献上しています。

 この和歌は自然の情景を詠んだものですが、秋の夜のもの寂しさがとてもよく伝わってきます。
 「月」と「わが身」、「ちぢ(千々)」と「ひとつ」を対比させているつくりも巧みで、秋を代表する和歌として、長く親しまれている歌のひとつです。


読み
 つきみれば ちぢにものこそ かなしけれ わがみひとつの あきにはあらねど


季節
 秋

現代意訳

 秋の月を眺めてていると、様々と思い起こされ物悲しいことです。秋はわたしひとりだけにやって来たのではないのですが…。

 ※ちぢに・・・いろいろ、様々にという意味

出典
 
「古今和歌集」