文屋康秀

小倉百人一首 022

吹くからに 秋の草木の しをるれば むべ山風を あらしといふらむ

ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ

文屋康秀

解説
 文屋康秀(ぶんやのやすひで/生没年不明)は平安時代初期の人で、貞観二年(860年)刑部中判事、陽成天皇の時の元慶元年(877年)山城大掾、同三年、縫殿の肋に任ぜられた事などが伝えられていますが、詳しいことは分かっていません。
 しかし、文屋康秀は歌人としては有名で、在原業平小野小町たちとともに紀貫之が選んだ六歌仙のひとつりに数えられています。

 平安時代には、漢字を分ける言葉遊びの和歌が流行りましたが、この和歌はそういう面白さを詠ったもので、「あらし(嵐)」を「山」と「風」に別けて、詠み込んでいます。
 また、「あらし」に「(風)が荒らし」をかけていて、自然の風情を巧みに表しています。


読み
 ふくからに あきのくさきの しをるれば むべやまかぜを あらしといふらむ


季節
 秋

現代意訳

 山風が吹きおろしてくると、たちまち秋の草や木が萎れてしまうので、きっと山風のことを「嵐(荒らし)」いうのだろう。

 ※むべ / 「もっとも」の意

出典
 
「古今集」