光孝天皇

小倉百人一首 015

君がため 春の野にいでて 若菜摘む わが衣手に 雪は降りつつ

きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ

光孝天皇

解説
 光孝天皇(こうこうてんのう・天長7年~仁和3年 / 830~887年)は、五十五歳のとき陽成天皇にかわり、第58代天皇として即位されましたが、わずか在位四年で崩御なされました。
 仁明天皇の第三皇子で、「仁和の帝」、「小松の帝」とも呼ばれ、幼き頃より学問好きで聡明であったことは『大鏡』にも記されています。
 優れた文化人であると共に、和歌や和琴などにもよく通じておられました。

 光孝天皇は、即位後も野草を摘みに出かけるように気さくなお人柄でした。
 この和歌はその時に詠まれた和歌だと伝えられていますが、まだ皇子だった頃、人に若菜を贈る時に添えた歌だとも言われています。
 しかし、いずれにしても情景が素直に詠まれていて、光孝天皇の心の優しさも伝わってくる歌になっています。

 ところで、「若菜」は春に採れる食用の草のことで、この時期の七草の初芽を食べると万病によいとされていて、今の七草粥の起源になっています。


読み
 きみがため はるののにいでて わかなつむ わがころもでに ゆきはふりつつ


季節
 春

現代意訳

 あなたのために春の野に出て若菜を摘んでいましたが、春だというのにちらちらと雪が降ってきて、私の着物の袖にも雪が降りかかっています。 (それでも、あなたのことを思いながら、こうして若菜を摘んでいるのです)

出典
 
「古今集」