参議篁

小倉百人一首 011

わたの原 八十島かけて 漕き出でぬと 人には告げよ あまのつりぶね

わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね

参議篁

解説
 参議篁(さんぎたかむら・延暦21年~仁寿2年 / 802~852年)は参議・小野岑守の子どもで、小野篁といいます。
 子どもの頃は弓馬を好んでいましたが、後に学問転じて、漢詩文などで名を上げました。
 和歌にも優れた平安初期の学者で、同時代の在原業平と共に、参議篁は高い評価を受けています。

 また、承和三年、篁は遣唐副使に任ぜられましたが、訳あって、大使・藤原常嗣と争って乗船しなかったため、隠岐の島に流罪になりました。
 その後許されて参議にすすみましたが、参議は、太政官の大納言、中納言に次ぐ役職で、「宰相」などとも呼ばれていました。

 この和歌は、隠岐に流罪になって送られていく途中、出会った漁夫の釣り舟を見てつくった和歌だと言われています。
 結句の「あま(海人)のつりぶね」では、人にではなく、釣り船に語りかけていますが、これによって、歌全体に哀しい孤独感が漂っていて、これからの暮らしや境遇に対しての篁の決意が、よく伝わってくる和歌となっています。


読み
わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね


季節
 -

現代意訳

 (篁は)はるか大海原を多くの島々目指して漕ぎ出して行ったと、都にいる親しい人に告げてくれないか、そこの釣舟の漁夫よ。

 ※わたの原 / 「わた」は海、「はら」は広い所の意味
 ※八十島 / 「八十」は数の多い意味
 ※あまのつりぶね(海人の釣り船) / 「あま(海人)は漁師のこと

出典
 
「古今集」